血圧を下げる方法!高血圧を改善させるには?

こちらでは血圧を下げる方法や高血圧を改善させるにはどうすればいいか解説しています。

血圧を下げる方法にはどんなものがあるのか?

高血圧をそのまま放置してしまうと、動脈硬化を引き起こし、様々な病気にかかるリスクが高くなります。

中には、脳卒中や心筋梗塞など、命に関わる病気に陥ることもあり、そのような病気にかかれば、自由を奪われてしまいます。

なので、高血圧は放置しないことが大切です。

もし、血圧が高い状態と分かっているなら、すぐにでも対策していくようにしましょう。

病院で治療を行う前に自分でもできることもあるので、まずは、このページを参考にしてみてください。

こちらでは・・・

・自分で血圧を下げる方法について!

・血流を改善させると血圧が下がる?

・血圧を下げるストレッチがある?

これらを解説しています。

血圧を下げる方法にもいろいろありますので、正しい情報を身につけて、あなたの健康に役立ててください。

 

自分で血圧を下げる方法について!

健康診断などで自分の血圧が高いと知った時には、驚かれたと思います。

高血圧が軽度の時は、特に自覚症状がありませんので、あまり大したことではないと思いがちですが、そのまま放置していると、さらに血圧が高くなる可能性があります。

また、慢性的な高血圧となるので、自分で血圧を下げるのも難しくなってしまうので気をつけなければいけません。

先ず、自分で血圧を下げる方法ですが、最初に生活習慣の見直しを行う必要があります。

なぜなら、高血圧の原因には、生活習慣や遺伝から起こる「一次性高血圧(本態性高血圧)」があるためです。

他にも、病気が原因で起こる「二次性高血圧」もありますが、その割合は、1割程度とされています。

つまり、高血圧の原因の多くは、生活習慣の乱れということなんですね。

生活習慣が乱れていると、肥満にもなりやすく、どうしても高血圧をはじめ、様々な成人病にかかるリスクが高くなってしまいます。

生活習慣を見直すポイントとしては・・・

普段の食事で食べ過ぎていないかどうか?

運動不足が続いていないかどうか?

この2つを見直してみてください。

多くの人は、それで血圧が下がっていくと思います。

生活習慣を改善させて、血圧が下がっていけば、特に病院での治療は必要ありません。

しかし、中には、生活習慣を見直しても、思うように血圧が下がらない場合もあります。

そんな人は、病院で検査をして正しい治療を開始するようにしましょう。

 

血流を改善させると血圧が下がる?

血流を改善させると血圧は下がる可能性はあります。

血圧が高い人と言うのは、血液もドロドロしていて、血流が悪くなっていると思ってください。

ドロドロ血液の状態で血液の流れが悪いとなると、無理してでも圧力をかけなければいけません。

それが高血圧になっている仕組みでもあるわけですね。

なので、サラサラな血液にして血流が改善できれば、血圧が下がっていくわけです。

では、血流を改善させるためにはどうすればいいのか?

これには、まず、悪い食べ物には何があるかを知っておく必用があります。

例えば、甘いお菓子だったり、脂肪分の多い肉などの食べ過ぎには注意しなければいけません。

例えば、おやつに砂糖がたっぷり入っているケーキを毎日食べているような人や人の倍以上のお肉などを食べている人は、どうしても血液がドロドロの状態になるので、気をつけなければいけません。

もちろん、お菓子やお肉がダメと言うわけではありません。

食べ過ぎがいけないということなので、思い当たる人は気をつけてください。

また、日頃からアルコールを過剰摂取していると、血液がドロドロになり、血圧も高くなります。

お酒などのアルコールは、たしなむ程度にすることで、健康に良い影響を与えますが、飲み過ぎれば、健康に害となるので、気をつけましょう。

食べ物や飲み物を見直すことで、血液もサラサラになり血圧も下がっていきますので、この機会にぜひ見直すようにしてください。

 

血圧を下げるストレッチがある?

自分で血圧を下げる方法としては、ストレッチを行うのが効果的です。

ストレッチを行うことで、毛細血管の血流が良くなり、血圧が下がる可能性が高くなります。

ちなみに、血圧を下げる事に特化したストレッチと言うのも話題を呼んでいます。

1日たった5分からできるストレッチだけで血圧が短期間で下がってしまうと人気の方法です。

血圧を下げるストレッチも色々ありますが、たった5分で血圧が下がる方法は、そうそうあるものではありません。

しかも、とても簡単な方法です。

自分が高血圧で不安と言う人は、ぜひ一度、この方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

簡単なストレッチで血圧を下げる方法!

投稿日:

執筆者: